忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



[ 2017/01/23 13:25 | ]
鶏のからあげ(にんにく醤油味)のレシピ
おかずにもおつまみにも使える、鶏のからあげレシピです(^^)

鶏のからあげって嫌いな人はいないっていうくらい人気なおかずですよね♪

絶対に失敗しないレシピを紹介しまーす!

さっそくレシピ!

◆材料(2人前)◆

・鶏もも肉 300~400g
・にんにく 1片
・醤油 大さじ1
・しょうが汁 小さじ1
・レモン お好みで

・片栗粉
・油

◆作り方◆


鶏もも肉は一口サイズに切り分けます、
この時、ひと手間をかけて、鶏の脂身の部分も取っておきます。
からあげがサクッと仕上げるコツです♪


鶏もも肉に下味をつけます。
容器にすりおろしたにんにく、醤油大さじ1、しょうが汁小さじ1を入れて混ぜ合わせます。
しょうがは繊維があるとからあげが焦げやすくなるので、汁だけ使います。
からあげが焦げる原因は意外にもしょうがなんですよ(>_<)
あと、砂糖やみりんも入れると糖分を含んでいるので、焦げやすいのでやめましょう(>_<)
鶏もも肉を醤油ダレに漬け込み、約15分ほどなじませてください。
じっくり味を浸透させましょう!


15分たったら、揚げる準備をします。
鶏肉に片栗粉をまぶしましょう。
小麦粉よりも片栗粉の方が衣がパリパリしていて、私は好きです(^^)


揚げ物用の鍋に油を注ぎ、油を温めます。
揚げ始めの温度ってどれくらいなのか、見極めが難しいですよね(>_<)
私は、衣を油の中に少し落として、その衣の浮き上がりで温度を予測します。
衣が浮いてこない場合は温度がまだ低いです。
衣を落として、鍋底に付かずにすぐ浮いてくるときの温度が最適です♪
約180度と言われてるみたいですが…見極めは難しいですね(~_~)

油が温まったら、次々と鶏肉を入れましょう。
鍋の中でくっつかないように、かつできるだけたくさんの鶏肉を入れます。
こうすることで、油の温度が一時的に下がり、表面が焦げるだけでなく、中まで火をじっくり通すことができます(^O^)
火は中火で固定しておきましょう。
たまに衣同士がくっつくときもあるので、箸で鶏肉を動かしましょう。


鶏肉の表面がきつね色になり、表面がこんがりするまで揚げます。
時間にして、3~4分くらいでしょうか?
程よく揚がると、バチバチと油の音が大きくなるような感じがします…私の気のせいだったらすみません(笑)
揚がったら、キッチンペーパーの上にのせて、油を吸い取ります。
これで完成♪
最後にレモンを添えていただきまーす(^O^)

もし、からあげの中まで火が通ってない場合…
けっこうよくありがちな失敗ですね。。。
この場合は軽くレンジで30秒くらいチンするといいですよ♪
お手軽に解決できます(^^)

ちょっと手間はかかりますが、手間をかけた分だけ、美味しさは保証です!
ぜひ作ってみてくださーい!
さっぱりしたからあげを食べたいときはこちらの鶏のからあげ(トマトだれかけ)のレシピも参考にしてみてください


→TOPに戻る




































PR


[ 2011/10/14 20:26 | Comments(0) | 漬物・おつまみ ]

コメントを投稿する






<< 豚のしょうが焼きのレシピ  |  ホーム  |  しめじとチキンのクリームパスタのレシピ >>