忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



[ 2017/03/27 03:48 | ]
餃子のレシピ
餃子って家で作り置きをして冷凍しておけば、いつでも食べれる非常食になって、とても便利ですよね!

市販の餃子も好きですが、私はやっぱり手作り餃子が好きなので、毎回大量に作り置きしてしまいます(笑)

晩ごはんのおかずにも、夜のおつまみなどいろんな場面で使えるのでうれしいですね。

さっそくレシピ!

◆材料(約20個分)◆

・豚ひきにく 100g
・にら 1束
・キャベツ 2~3枚
・しょうが 1片
・にんにく 1片
・市販の皮 1袋(約20枚入りくらい)

・酒 大さじ1
・醤油 大さじ1
・オイスターソース 大さじ1
・ごま油 大さじ1
・塩コショウ

◆作り方◆


にらとキャベツはみじん切りにします。
野菜のうま味を出すために、野菜の水分は絞らずにボウルに入れます。
しょうがとにんにくもみじん切りにして、一緒にボウルにいれます。


①のボウルにひき肉を入れ、酒、しょうゆ、オイスターソース、ごま油、塩コショウをして、しっかり混ぜます。
しっかりと手で5分以上はこねてください。
練れば練るほど、おいしくなります(^_^)v


皮に具材を包みます。
具材は包む前にボウルの中で4等分くらいに分けます。
そうすると、1つの塊で餃子5つを包むペースで包めば、具材の量が均一に、無駄なく包めますよ(^^)/
形はお好みでいいと思います。
皮の淵に水を塗って、皮をくっつけて形を作ります。


包み終わったら、フライパンで焼きましょう!
餃子の焼き方は人それぞれですが、今回はKUMAの焼き方を紹介します!

フライパンは焼く前に温めておきます。
温まったら油をひき、餃子をフライパンにのせます。
この時は中火くらいにして、餃子の下面が少し焦げるくらいまで焼きます。

餃子の下面が焼けたら、弱火にしてフライパンに水を流し入れます。
水の量は餃子10個で50㏄くらいです。
約5分ほどフタをして待ちます。
5分後、フタを開けて水分がフライパンに残っていたら、中火にして水分を飛ばします。
これで完成!
餃子の下面がパリっとした餃子が焼けます(^^)
でも中身はジューシーですよ~

餃子のつけだれは、私は醤油と酢を1:1くらいにいれた酢醤油でいただきます。
ラー油を入れるのも大好きです♪

餃子作りはけっこう包むのに時間がかかって、一人で作ると孤独なので(笑)、家族で一緒に作ったりすると楽しく作れると思います(^^)

人によっていろんな形の餃子ができるので、皆で作れば会話も弾んで、楽しく作れますよ~!


→TOPに戻る



































PR


[ 2011/07/06 13:08 | Comments(0) | 焼き ]

コメントを投稿する






<< ミョウガの酒盗和えのレシピ  |  ホーム  |  豆腐のコンソメスープのレシピ >>